画像
都立中高一貫校受検/都立高校上位校 受験専門 渋谷で創立30年

竹の会よりお知らせとご注意のこと

2017.04.29

 明日は「渋谷A」の4月最後の指導日です。「渋谷B」については、昨日の28日(金)に最後の指導を終えています。

 ひとつのお願いは、竹の会では毎月の月謝について、前月中にお支払いいただくように入会時にお約束していただいていますが、どうしてもお支払いを忘れる方がいます。前月末日の時点でお支払いがなければまずスタッフから督促メールが届くと思いますが、その節はどうか対応くださるようにお願いします。もっとも退塾ということでお支払いがないということも過去にはありましたが、そういうときは月末まで無言ということではなくてぜひその旨を適切な時期に申し出ていただければと思います。

 5月1日から6日まで竹の会はお休みに入ります。5月の第1回の指導日は、ABとも7日(日)です。

 渋谷B 9時~12時30分 ※8時30分から入室可

 渋谷A 13時~20時   ※12時45分から入室可

 7日は、竹の会渋谷教室満5年目にあたります。正確には、渋谷教室の第1回の指導の日は、2012年5月6日(祭日)でした。爾来5月6日を竹の会渋谷教室の記念日として紅白饅頭をお配りしてきました。今年はAのみなさんだけでなく、Bのみなさんにもお配りしたいということで朝からの指導に切り替えたしだいです。

 竹の会は1985年(昭和60年)10月に渋谷の元代々木にあった自宅マンションの一室からスタートしました。平成になってからそのマンション全室を教室にあてましたが、とにかくも細々と生きながらえてきました。渋谷駅そばの今の場所に移転したのは、2012年(平成24年)のことでした。実は2011年10月には創立27年目にあたりましたが、原発事故の年であり、竹の会も潮が引き、これまでかと、廃塾も覚悟しました。幸運にも、そしてわたしには奇跡に近かったのですが、渋谷駅そばで再び開くことができました。ただし、念願であった渋谷駅の近くに移転しても無名の塾であり、東京23区のみなさんに知っていただくことの難しさを痛感してまいりました。

 東京の渋谷駅のそばに「こんなにいい塾があるんだよ」と23区のみなさんに知ってもらえる日がくることを願ってがんばってきましたが、そのわたしももう年齢からくる体力の限界が近づきつつあることを自覚しております。竹の会が、いつまで東京23区のみなさんに、塾としてお会いできるのかわかりませんが、わたしは明日に死すとも可なりの覚悟で日々の指導に全力を尽くしております。無名の竹の会が23区のみなさんに知れ渡ることを願って、夢見て、なんとか5年目を迎えることができました。東京の下町にある饅頭屋さん、ひょんなことから知己を得てお願いして作っていただいた紅白饅頭です。ご家族のみなさんで分け合って食べていただければ幸いです。

 ○6月3日(土)漢検実施日

  申込を終了します。実施時間の詳細につきまして、後日お知らせする予定です。無事漢検実施に必要な人数に達しましたことをお礼申し上げます。

  漢検の勉強には、漢検から出ている「ステップ問題集」を3回ほどやれば合格できるでしょう。漢検テキストについては、大きな書店ならありますが、竹の会でも漢検に注文できます。

 ○6月には竹の会の夏期指導の申込が始まります。要項については、5月下旬配布を予定しております。夏期Bについては、外部生の募集も予定しております。

 ○「退塾相当」という判断

 竹の会では、わたしの持てる指導技術の粋を尽くして指導していますが、それでも進捗の見えない場合、あるいは遅刻、欠席が頻繁という場合、あるいは教室での勉強姿勢が受忍限度を越えている場合などには「退塾相当」として、退塾とします。

 これはわたしがそこまでしてやる気はないということです。がまんしてやる意味がないからです。渋谷教室になって、勉強しない子はこなくていいし、勉強ができるようになりたいという子だけくればいい、そう達観しています。わたしももうそんなに若くはないので、めんどうなことは嫌で、ほんとうに勉強したい子だけくればいいし、そういう子がいなくなれば塾を止めるだけのことだと思っています。

 ○新規入会のための入会試験の実施

 渋谷B 竹の会所定の入会試験で「合格」判定をとれば入会できます。入会希望者はお問い合わせください。

     ※小3のみ「仮合格」を認めています。ただし、仮入会後3か月を目安に進捗の状況を見てそのままの継続指導の可否を判断します。

 渋谷A 入会試験A合格以上、通知表8割基準が、入室条件となります。現在空席が2席あります。

 

 

 

ページトップへ