画像
都立中高一貫校/都立高校トップ校 受験専門 渋谷で創立30年

筑駒・開成合格塾/駿台模試都立日比谷志望者第1位塾/渋幕特別特待生合格塾/桜修館のための名塾

2022.05.13

新草枕

抽象化の技術

国語の解き方第5回 段落(1)

※「新草枕」は、有料ブログです。購読には、会員登録と費用振込が必要です。詳細につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

中学で部活に中学生活の軸を置くことの意味

 まず、断っておかねばならないのは、竹の会では、中学生は中1の末あたりにほとんどいなくなる、という事実です。例年、高校受験生は、0≦中学生≦2 、つまり、最大でも2人です。中1には、4, 5人がエントリーした年もありますが、ほとんどが、早くて中1の夏前後に消えていなくなります。もって中1末です。原因は、中学の勉強についていけない、からです。その原因は、小学時代に、基礎勉強ができていない、ということなのですが、もっとも大きな原因は、部活です。部活で勉強ができない、いやしないのです。
 わたしには、なぜ中学で部活にそこまで打ち込むのか、全くわからない。普通に勉強していても、受験には間に合わないのに。1日5時間勉強した者だけが生き残る、それが公立中学です。ただそれだけのことである。頭がよければトップ都立、普通でもそれだけ頑張れば、もしかしたら新宿だってあるかもしれない。とにかく部活に時間を使う者たちは確実に落ちて、戦線から離脱するから、そして、公立にはもともとの、つまり小学時代にほとんど勉強しないできたとか、もともと頭が悪いとか、そういう落ちこぼれもかなりに上るから、勉強オンリーにやる子たちは、およそ2割弱であろう。その中で比較的知能の高い子が、上位都立に入る仕組みになっているのだ。
 中学というところは、普通に学校の授業に合わせてやっていたら、入試は失敗する仕組みになっている。学校の定期試験でいい点をとって、通知表も5ばかり、と喜んで、志望校は、「日比谷にしたら」なんて親もその気になって言う。しかし、学校の授業に合わせて頑張っていることが、知らず知らずのうちに破滅の道を進んでいることに気づく親子はいない。「うちの子は塾にも行ってなくて、学年1番」と自慢げな母親も多々いた。しかし、現実を知るのは、すぐやってくる。中3になって、難しくなった数学、英語に戸惑いながら、7月の模試でいきなり現実を知る。日比谷どころではない。それでも内申はいいから日比谷を推薦で受けてみたという生徒もいた。もちろん竹の会ではありません。たいてい落ちる、実力はないから。そして落ち着くのが、目黒、いや広尾かもしれない。難関私立なんか受かるはずもない。
 中3の7月の模試までに、既に中学3年間の全範囲を終わらせていなければならない。「終わらせる」というのは、高校入試レベルに、もっと言えば、自分の志望校のレベルに達していなければならない、ということだ。
 多くの親子が、錯覚を起こすのだ。それは、中学では、とにかく中2までは、学校の授業についていっていれば、頭のいい子なら、5が取れるからだ。しかし、学校の勉強だけやっていて、例えば、学年1番という女子生徒を何人か知っているが、軒並み、日比谷どころか、駒場もだめ、陳腐な都立に行っている。
 たまに日比谷推薦合格という話しも知ってる。ただ実力もないのに推薦で日比谷に入ったとしても、先は見えている。
 とにかく、中3の4月から7月の模試までに、何ができるのか、ということである。3か月で、英語の長文や入試レベルの数学に対応できるとでも言うのか。
 中学というところは、早い子で、中1が終わるまでに、中学で学ぶことをすべて、しかも入試レベルで、終わらせなければならないのだ。学校の授業に合わせてのほほんとしている親子の能天気さはともかく、そういう親子が、多いから、高校入試は組しやすい。やりやすいのだ。
 部活で失敗した、頭のいい子ならいくらでも知っている。時折、部活をやっても受かりましたなどという親子がいても、それをそのまま見習うことなどできるはずがない。
 竹の会では、4人いた中1が、一年後には、一人だけ、0人という年もあった。勉強しなければ落ちていくのが中学だ。
 中学というのは、ほとんどが勉強しないで、自滅していくところです。
 周りが勝手に自滅していくから、とにかく淡々とノルマをこなしていく、それでいいのです。
 いったい、中学で、何をしたいのだ。勉強して、入試を成功させたいのではないか。部活で、高校は誰でも入れるところに行くというのが過去の夥しい事実なのだということは知っておいたほうがいい。

 まず、高校でしょ。少なくとも七都立(日比谷・西・戸山・青山・新宿・小山台・駒場)には行かなければ、と思わないのか。23区なので都立国立(都立西レベル)はあげていない。

 普通の都立、まだまともな都立とし、北園、町田、狛江、文京、三田をあげておきましす。目黒、広尾までかな。

 上に上げた都立は、日比谷を除いてすべて竹の会から合格した都立です。あしからず。

ページトップへ