画像
中学受験 高校受験 受験相談 渋谷で創立30年

🔛開成・日比谷・筑駒か❗️、早慶か❗️ 確実に合格するには❗️  

2024.02.14

NEW 会員ページ更新

🔛開成・日比谷・筑駒か❗️、早慶か❗️ 確実に合格するには❗️  

 開成・日比谷は5科目、早慶は3科目である。同じ5科目でも、日比谷と開成では、難易度が違う。通常は、開成に合わせてやる。
3科目だと、それだけ英数に時間をかけられるから、開成受験者が、早慶受験をするのは、一般論としては、不利と思われるが、模試を受けた限りでは、そういうことはなかった。
 早慶にしても、英語は、大学共通テストレベルである。中学英語どころか、高校英語、共通テストまで視野に入れた対策が必要である。ただし、中学の範囲という限定は生きている。だから、高校英語の本当に大事なところだけ押さえておけばいい、というやりやすさはある。つまり、難関高校の入試英語は論点が絞りやすいのだ。万遍なくではなく、出る事項が絞りやすい。
 数学は、もちろん高校数学ではありえない。だから如何に難しい問題にするか、に腐心しているのだ。高校入試の数学は、中学の範囲で、難しくしなければならないというジレンマの中で、制作されている。並み居る天才・秀才を悩ませる問題を、限られた条件の中で、作らなければならないのだ。出題する先生方も大変と思う。

 どう難しくするか、そういうところを考えながら、問題を読み解くと、出題者の苦労がわかろうというものだ。
 

 国語は、もう大学入試の国語とは、差がない。少なくとも原文は同じである。問題の難易度が違うだけである。つまり、同じ原文を使っても、いくらでも問題の難易は変えられるということだ。国語の対策としては、問題集を解かせるということをやるのが普通であるが、これは確かにその通りと思うが、問題は何を使うかである。開成と筑駒の国語は全問題「記述」である。いわゆる選択肢問題はない。記述式問題は原文の内容を読解していないと解けない。選択肢問題なら選択肢そのものがヒントになるし、消去法という、オーソドックスな裏技もある。選択肢問題は本文との比較の問題と言えるから、問題集をやるときは、ただ漫然と解くのではなく、そういう解き方の練習をしなければならない。
 国語は、主として、評論文を使って国語解釈の指導をする必要があると考える。現代文も、古文、英文も同じ作業が必要である。解釈学は、「腑に落ちる」ことが大切である。
 究極的には、言語論的転回を極めることなのか、と今は思っている。今、まさにわたしは研究中であり、現代文読解について、ひとつの方法を提起できるのではないか、と日々読書と思索に忙しくしている。かつて駿台予備学校の国語講師が全員東大大学院の哲学科出身だと聞いたことがあったが、哲学というところに今は妙に腑に落ちている。言語論的転回とは、現代哲学の主流にほかならない。国語というのは、本質的には、科目名を哲学にしたほうが本質をとらえている。

 そういう視点から良書というものを子どもたちに紹介したい。
 開成の理科、社会について
 一冊で済む参考書がない。だからあれこれやることになる。
 そうではあるが、まず基本事項は、中1までに終わらせておきたい。最近は、「マイクリア」を使っているが、理科については、1冊詳しい参考書を用意した方がいい。いや、なんでもいい。市販のものでいい。旺文社とか、なんとかいろいろ出ている。

 理科、社会については、開成・筑駒対策として、問題集で補うしかない。詳細は述べないが、市販書ではなかなか難しいものがある。

 以上、開成・筑駒対策としての5科目攻略法について、私見を述べてきたが、それはそのまま早慶対策になる。具体的な早慶攻略法については、過去問を極めるのがいいと思う。
 
 

竹の会 3月新刊予告

「塾概論」指導とは何か

 「心の指導」を全面的に書き直した、塾の本質、指導とは何か、を竹の会指導の実際を通じて明らかにしていく。合格体験記から竹の会40年の軌跡を辿る。

 子の教育に悩む母親必読書

 

🔛いよいよ執筆開始❗️ 竹の会秘蔵数学レジュメの公開‼️
 『数学ポイント集1 難関校数学攻略定石集』
  筑駒、開成トップテン合格を果たした、竹の会の伝説的レジュメ、その中の「入試数学ベーシック」を換骨奪胎して、新たな視点から新たに書き下ろした、数学指導の達人阿部雄彦の難関校数学攻略の定石集
このシリーズは、続篇「開成・筑駒攻略実践編」とさらに展開予定です。すべて著者独自の視点から切り込んだ、新たな書き下ろし作品となります。
 おかげさまで、既刊「新英語ポイント集」、「社会ポイント集」、「理科ポイント集」も、おそらく都下の受験生であろうかと思われますが、順調に部数を伸ばしております。
 これから、誤植を糺し、最新情報を加筆し、改訂を重ねていき、都立入試、開成・筑駒の対策書として、完成度を高めていきたいと思います。
 都立入試、難関入試なら、竹の会の本と言われるように、精度、信用度を高めることを念頭においています。
 「入試数学ベーシック」の歴史
  平成9年でしたか、わたしは、平成9年の全国過去問から良問を選択し,1冊のテキストに編集しました。当初は,わたしが一問一問藁半紙に鉛筆で手書きした解答を生徒にコピーして渡していました。平成17年のレジュメ化事業に際して,この「入試数学ベーシック」から70問を選抜して,新たに全面的に解説を書き換え,レジュメとして制作していったのです。このレジュメ集は平成20年に豊島岡学園高校,都立西高校,立教新座高校,桐蔭理数の合格へと結実しました。

 その後,わたしは,新たなシリーズをレジュメとして,執筆しております。

 令和4年の開成・筑駒合格をもたらした竹の会の奇跡のレジュメ集の数々です。

 長年門外不出とされてきましたこれらの竹の会のレジュメシリーズの中から,「入試数学ベーシック」を換骨奪胎して「数学ポイント集」として刊行する予定です。

     

 レジュメ化された「入試数学ベーシック}

 

 

竹の会が贈る,高校入試シリーズ第3弾

 

竹の会高校入試シリーズ3

「理科ポイント集」

アマゾンで販売中

    

 

 

都立理科出題問題から論点を網羅

目からウロコの要点集

理科入試90点超を保証します

天体,イオンなど理科の疑問を悉く解消させる画期的要約集 好評発売中!

 

高校入試高校入試シリーズ第2弾

「社会ポイント集」発売中!

 高校入試,これ1冊で100点獲れる本

 もはや社会で悩む受験生はこれでいなくなるだろう。

 アマゾンから発売中

定価 3,850円(税込)

   

Amazonで販売中!!

割合の魔法の算数

竹の会算数指導体系の一端を紹介した本。割合に悩む多くの小学生との邂逅から苦心の研究を経て生まれた竹の会算数の会心の体系

実際竹の会の指導ではいわゆる「ミクロマクロ」思考法により,難なく割合を理解していく子たちが普通となり,割合で悩んでいた小学生が嘘のようにいなくなった。

本書はそのような竹の会算数の仕組みをわかりやすく紹介したもの。

この本で算数大得意になることを保証します。

画像

 

高校入試シリーズ第1弾

竹の会の幻の名著と言われた「英語ポイント集」の復刻

全面書き換え新版

Amazonで好評発売中!!

「新英語ポイント集」

開成・筑駒トップ合格を可能にした,竹の会会心の高校

ページトップへ