画像
中学受験 高校受験 受験相談 渋谷で創立30年

20224 桜修館・大泉・実践女子・宝仙・富士見・法政二中・明大明治高校・都立青山高校など合格🔛基本が欠落したままに、大手の早慶コースを申し込むお客様家庭のこと

2024.06.26

🔛基本が欠落したままに、大手の早慶コースを申し込むお客様家庭のこと

 その心底には、一発逆転、ワンチャンあり、の思考が垣間見える。
 しかし、問題なのは、自分の実力が足りない、しかもかなり足りないのに、早慶合格基準にある子たちと伍して授業を受けること、講座で配られた教材もほとんど理解できないのに、個別指導塾や家庭教師で補いつつ、飽くまでも早慶合格にこだわる、その心底にある。
 基本ができている子とそうでない子の差は、できてない子が、個別指導塾や家庭教師によって、講座テキストの解説をしてもらって、補えるほど、単純なものではない。つまり、1+1=2にはならない。
 基本ができている、理解しているということは、誰の手も借りずに講座テキストの問題を解ける、さらには、そこから新たなる発見をし、さらなる発展が望めるということである。
 つまり、基本の大切さは、想像を超えた、伸びを秘めているところにある。
 そして、その基本というのが、ほかでもない、算数ということである。
 算数は持って生まれた能力に左右される科目である。それは仕方ない。ここで言いたいのは、普通に能力的に問題のない子たちのほとんどが、算数の面白さを知ることなく、いや算数そのものに触れることもない子どもたちも大勢いる、そういう子たちが、公立中学に進む、そこで初めて塾という子たちもそれなりにいる。中には、中3になるまで塾には行かないという生徒もいる。その中には、必ず一人や二人、学年トップクラスという子もいたりする。わたしは、そういう子の没落を何度となく目撃してきた。いやもちろん日比谷推薦合格という生徒もいた。しかし、その9割超は受験失敗と思う。塾にはやくから行ったとしても、没落は変わらない。これは算数をやってこなかった、それなりに能力のある子たちの共通の末路である。
 中学受験で算数をやっていたら、いいのか。いやいやそうはいかない。中学受験には能力のない者もたくさんいるからである。
 わたしが言っているのは、算数という科目を受験として暗記的に対応してきた子ではだめだということである。
 算数は思考を作る、深める、練り上げる、科目である。この算数的思考の世界にじっくりと腰を据えて思考のシナプスを作り上げていく、ということである。脳の皺を増やす、脳の襞を殖やすということである。
 算数は思考をつくるのにこれほど優れた科目はない。ただし、算数をものにできるのは、努力だけではだめである。いわゆる境界知能児は、算数の中に入ることはできない。かれらは説明を受けることしかできない。永遠に。その説明はおそらくほとんど理解できない。神様は生物多様性に従っただけである。人間社会が生存競争の中にあり、生き抜くには何が必要かを必然化させて来た結果、学問、学歴の高い人を最上層に置くこととしたのだ。わたしたちは、生物多様性を否定することはできない。生物多様性と生存は表裏の関係にあるからである。
 日本の歴史、いや世界の歴史を紐解いても、生物多様性はあるものとしてこの世界は成り立ってきた。単一の人間だけが生きる権利があるとして、乱獲、乱伐を続け、クマもイノシシ棲む自然が失くなり、炙り出したのはほかならない人間ではないか。
 人間に限ってみても、人間多様性は否定されることはない。しかし、多様性というのは、また生存競争という別の原理と両立してきた。多様性は、生存競争の勝者と敗者を多様に振り分ける。しかし、その比率は圧倒的に敗者が多い。私たちは、生きるということの厳しさを人生を通して知ることになる。難関国立大、早慶、医学部を出た者が、確実に、いい生活をしている蓋然性が高いことを早晩知ることになる。もちろん飽くまで蓋然性である。
 わたしたちは、生きる、生き抜くために、勉強している。勉強することが生きることになる。
 わたしは、そのことを竹の会の子どもたちに示してきたつもりである。
 勉強しろ、とは、生きよ、生き抜け、それが勉強だ。小学低学年から算数をやるのは、生きるためだ。この世を生き抜く知恵をつけるためだ。知恵を身につける。知恵とは、考える、トラブルを知恵で切り抜けることだ。算数はすごい、人間にとってこれほど脳を活性化させる知的手段をわたしは知らない。算数では、文字、つまり記号を使えない。いや使わないで知恵と工夫で解くのだ。問題に向かい合うたびに、さて今度はどんな知恵、工夫をすればいいのか、と思い巡らす。よく大手の子たちが、問題を見て直ちに公式というか、解き方みたいなものを使うのを見てきたが、それでは、覚えているかどうかがすべてで、算数の本当の学び方を知らないままに終わることになる。
 竹の会では、公式などというものを知らない。問題を読んで事実を読み解く。特に、図をかく、これが大切である。最初は、図かかけない小が多い。見よう見まねで次第に知恵を覚えていくことになるが、これも知能によって、つまり理解度によって違う。そもそもわたしの説明がわかっていなかった、そういう境界知能児なのではないか、と疑わしい子もいる。
 算数は、まず計算達者にすることから指導を始める。低学年には二種類いる。黙々と言われたことをやれる子と、飽きっぽくなかなか集中できないう子。自分の字が殴りがきのため、読み違いなどで計算をしくじる子も多い。もともとそういう子は不適格なのかと思うが、その後の指導を続けるのがいいことなのか、迷うところではある。乗り越えてさらに一段階上に行く可能性を否定しきれないからである。幼なさの故に、今やっていることの重要性が分からない。親に言われたから、先生がやれというから、このレベルの精神年齢だとなかなか指導は難しい。小学低学年には、學に関する関心が異常に強い、集中する時間が長い、やりあげたことに喜びを感じる、そういう子がいるのです。本当は指導できる低学年はそういう子が望ましい。勉強そのものではなく、振る舞いや態度を注意しなければならないというのは、また一つ下の指導段階にある子だということである。

 わたしは、勉強、学習指導の総合ドクター、総合診断医と考えている。
 常にその子の全体を診て、その原因を総合的観点から特定し、最も効果的な処方を施す。それがわたしのやり方だ。わたしの言う指示をきちんと守る、実行する子なら必ず伸びていく。
 自尊心が高い子、秘密主義の子、厳しい指導を自分に対する攻撃だと捉える特殊な子、そういう子の指導は、残念ながらうまく行くことはない。精神的な幼なさ、過保護による過度な自己主張などは精神的未熟さがそのままに、学習することなく、定着してしまった子の能力開発は困難である。

 低学年児の指導は我慢と辛抱なのかもしれない。とにかく理解の入り口を見つけること、そこからいろいろな処方(レジュメ)を試すこと、これを辛抱強く続けることになる。いつか何かのきっかけで目を開くときが来ると信じて続けるしかない。ある日の指導で突然「つながる」ことがある。「なるほど」という意識が脳に繰返されるとき、伸びている「あかし」なのだと思う。

いよいよ7月初旬完成予定

□高校入試シリーズ

 開成・筑駒・慶応・慶応女子・早実のための

 単語集

 ※難関高校受験生のバイブル・高校英語の便利帳・大学入試共通試験対応

  ※わたしが受験時代に開発した語呂合わせによる暗記法を随所に挿入

   本当に「出る」単語に絞った単語集

 

 実は、「語呂合わせ単語集」を執筆していて、いやそれよりも開成などに通用する単語集を編集したい、という野心が湧き上がり、語呂による暗記法を随所に挿入することにしました。

 わたしは大学受験のとき、約3か月で約1万語を覚えました。ここで覚えるという意味は、単語を見たら「意味がわかる」というものです。

 決してスペルを正確に書けるという意味合いではありません。

 わたしはすべての単語に漢字をあてはめて、単語を見たら漢字を思い出し、漢字から意味を思い出す訓練をしました。都合赤尾の豆単を50回以上回したら、どんな単語も見ただけで意味がわかるようになりました。

 その方法はこの単語集で伝授することとし、それよりも、開成や筑駒の英語に通用する単語集を編集することに重点を移し、執筆することにしました。これは竹の会でなんとか出さなければと思いました。

   ただいま執筆中

 

□高校入試シリーズの発刊予告 

 開成・筑駒のための社会

 

 開成・筑駒のための理科

主旨 わたしは令和4年に開成高校、筑駒高校に合格者を出しています。開成と筑駒の指導においては、様々な難敵を克服することになりました。例えば、国語記述問題の克服、英作文問題の克服、古文の克服など。その中でも、理科と社会の対策には苦慮しました。もちろん都立の理科、社会の対策なら特に問題はありません。開成、筑駒の理科、社会に対応できる参考書・問題集がどこを探してもない、皆無だったことです。 指導を始めて、中2の9月には、都立の理科社会の過去問は常に90点前後を取れるようになりましたが、開成、筑駒の理科、社会は5割にも満たない。これはどうしたものか、決め手となる参考書が全く存在しなかったのです。理科は旺文社の総合的研究シリーズをとりあえずやらせてみましたが、これにも載っていない知識が出される。穴だらけでした。わたしは市販にも予備校にも決め手となる参考書が存在しないのが、開成高校、筑波大駒場高校の理科社会なのだと悟りました。そこでわたしは問題集中心主義にすることにし、ありとあらゆるところから問題を集めることにしたのです。中2の冬はわたしが集めたレベルの高い問題を集中してやらせました。理科、社会が80点以上を安定して取れるようになってからは、予備校の知識集を投入しました。

 わたしは、開成、筑駒のための理科、社会の対策書を執筆することなど考えてはいませんでした。しかし、ふと、最近完璧な対策書を作ってみようかな、と一瞬ですが、考えてしまいました。それは、今、執筆中の英単語集を執筆しているときに、これが完成したら、次は、数学に取りかかろう、と決めていたのですが、数学は竹の会では開成レベルはすぐに達成できるが、理科、社会で苦労したことを思い出したのです。いや、むしろ理科社会だろ、と思ったのです。

 開成、筑駒受験者のために、書いてみよう、と今は思っています。 

竹の会「草枕」アマゾンから発売中!!

        

Amazon  1980円(税込み)

 

竹の会高校入試シリーズ3

「理科ポイント集」

アマゾンで販売中

    

 

 

都立理科出題問題から論点を網羅

目からウロコの要点集

理科入試90点超を保証します

天体,イオンなど理科の疑問を悉く解消させる画期的要約集 好評発売中

 

高校入試高校入試シリーズ第2弾

「社会ポイント集」発売中!

 高校入試,これ1冊で100点獲れる本

 もはや社会で悩む受験生はこれでいなくなるだろう。

 アマゾンから発売中

定価 3,850円(税込)

   

Amazonで販売中!!

割合の魔法の算数

竹の会算数指導体系の一端を紹介した本。割合に悩む多くの小学生との邂逅から苦心の研究を経て生まれた竹の会算数の会心の体系

実際竹の会の指導ではいわゆる「ミクロマクロ」思考法により,難なく割合を理解していく子たちが普通となり,割合で悩んでいた小学生が嘘のようにいなくなった。

本書はそのような竹の会算数の仕組みをわかりやすく紹介したもの。

この本で算数大得意になることを保証します。

画像

 

高校入試シリーズ第1弾

竹の会の幻の名著と言われた英語ポイント集の復刻

全面書き換え新版

Amazonで好評発売中!!

「新英語ポイント集」

開成・筑駒トップ合格

ページトップへ