竹の会塾長のブログ 草枕

都立中高一貫校/都立高校トップ校 受験専門 渋谷で創立30年

草枕

  • 2020.09.12

    子どもの知的壁

      子どもの知的壁  一皮剥ける必要がある。そのために過酷なノルマをこなすのだ。受検、受験に成功するには、かけられるだけの時間をかけること、つまり指導時間は多い方がいい。なぜなら子どもが一人で勉強することほど非 […]

    詳細を見る

  • 2020.09.07

    死にかけた脳を蘇らせる教材を作る

      ◎死にかけた脳を蘇らせる教材を作る  意味を悟らない脳の指導は難しい、いやできない。意味さえ理解できない子の指導をどうするか。竹の会には正規の入会試験に合格しなかった子もいる。さらに正規に合格した子の中から […]

    詳細を見る

  • 2020.09.04

    探究する心

      ◎探求する心 探究する心が、探究する行動が、脳の宇宙に視界をもたらす。物事が見えるようになる。そのために私たちは探究する。井の中の蛙から、大海に躍り出るには、探究する、し続けるしかないのである。 なぜ、どう […]

    詳細を見る

  • 2020.09.01

    引き付けるとは、何か

      引き付けるとは、何か 高校時代の柔道の経験ですが、わたしは鮮やかに内股を掛ける先輩に憧れていました。この先輩は、がっしりとした体格で、背もあった、大男でした。技は内股のみ。来るとわかっていても掛かってしまう […]

    詳細を見る

  • 2020.08.28

    それでも竹の会で算数を学ぶ意味はある!  竹の会、実は、天下一の算数塾!

    それでも竹の会で算数を学ぶ意味はある! 竹の会、実は、天下一の算数塾!  竹の会、昭和60年10月渋谷の小さなマンションの一室からスタート。10月代々木中2年生女子、仲良しの3人からスタート。週2回、1回2時間の授業形式 […]

    詳細を見る

  • 2020.08.22

    「可能性」で判断する人間になるな!   確率で示せ!

    「可能性」で判断する人間になるな!  確率で示せ!  新型コロナにおいて、「『可能性がある』と語って人々に対策を求める専門家がメディアで散見されますが、キャスターや記者は『それなら感染する確率はどれぐらい?』と問わなきゃ […]

    詳細を見る

  • 2020.08.18

    高校受験タイプと都立中受験タイプ

    高校受験タイプと都立中受験タイプ よく都立中受検に失敗した子に、「高校受験がありますから頑張ってください」などと慰めの言葉を言うことがある。この言葉は期待を込めての、しかし、どうなるかわからないという気持ちを込めての言葉 […]

    詳細を見る

  • 2020.08.13

    算数指導体系の完成までの苦難に満ちた道程

    算数指導体系の完成までの苦難に満ちた道程 ここまで算数指導が確立するまで十年の歳月を要した。自分で問題を選別する。良問を、指導目的に図って選んでいく。選別の過程は、およそ次のようなことになろうか。 わたしはもう十五年にな […]

    詳細を見る

  • 2020.08.08

    セーブする心/高校受験の勝機/都立中受検の勝機/都立小石川の難化/都立桜修館の人気

    ◎8月指導に際してのお願い  必ずマスクをつけてください。指導時間中に外さないでください。  熱があるとき、体調がすぐれないときは、必ずお休みしてください。  家族に熱が出た場合は、本人が元気でもお休みしてください。   […]

    詳細を見る

  • 2020.08.03

    誤魔化し脳/都立中等を獲る/良質都立高を獲る/算数という思考の方法

    曖昧な意見、感覚で判断する人のこと 根拠を事実で示すことこれは基本の基本である。算数を学ぶとき、わたしは、「算数事実」の理解が重要であることはすでに説いてきたところである。これはひとり算数に限った話しではない。数学なら数 […]

    詳細を見る

  • 2020.08.01

    算数ができるようになるには

          ◎算数ができるようになるには  まず隗より始めよ! 想い出そうとすると頭が働かない! 経験 一度解いた問題を再び読むときどうしてもどう解いたか思い出そうすると、読み方が散漫になる […]

    詳細を見る

  • 2020.07.28

    指導とはいちいち理解の客観的証しを取る行為にほかならない

      ◎自信を毀さないようにと気を使った指導の功罪 能力はないのに上昇思考の高い子が陥る、誤解と破滅 竹の会の自信をつける指導が、「できる」と錯覚させ、「ここではダメだ、大手に行かなければ」と決意させた例なら何例 […]

    詳細を見る

  • 2020.07.25

    算数判定試験が炙りだす思考の正体

    ◎「算数の鍵」  「思考の鍵」と「割合問題編」の橋渡しとして執筆を始めたが、同じような基本レベルのレジュメを何冊作ってもしかたないと思い直して、算数を通して思考を磨く主旨から問題を選び抜いた。そもそも「思考の鍵」や「よう […]

    詳細を見る

  • 2020.07.23

    高校入試指導の神

      高校入試指導の神  首都圏高校入試指導歴35年。個人の成績情報を総合判断して指導するのが得意なのかもしれません。この場合の個人の成績情報とは必ずしも定期テストの結果、内申、模試の結果のみを意味するわけではあ […]

    詳細を見る

  • 2020.07.21

    「算数判定試験」のことなど

      ◎「算数判定試験」 7月3日から竹の会では、「算数実力判定試験」を始めた。受検資格は、竹の会の定番レジュメ「小学思考の素 その他の問題編」を終えた者である。「その他の問題編」を終えると、「推理の素」、「1% […]

    詳細を見る

  • 2020.07.16

    受検成功の術は、算数に通暁することなり

      ◎竹の会の35年  竹の会は昭和60年(1985)10月に渋谷の片隅のちっぽけなマンションの一室からスタートしました。今年(2020)の10月には36年目に突入します。  例年5月6日は、渋谷教室開設(20 […]

    詳細を見る

  • 2020.07.11

    勉強は情熱がエネルギー

        ◎勉強は情熱がエネルギー 意気込みを感じない子は受かることは決してなかった。 試験というのは、「なるようになる」ことはない。意思がなければ受からない。意思があればそれが行動になる。必死の心が運 […]

    詳細を見る

  • 2020.07.07

    合格掲示板は神の言葉

    合格掲示板は神の言葉 子はどこどこに入りたいと言う。親は子の思いを叶えてやりたいと思う。どこにでもあるような親子の姿である。しかし、話しはそう単純ではない。母親は、子にダンスを習わせて、子は夢中にやってきた、親子で頑張っ […]

    詳細を見る

  • 2020.07.04

    子は訓練してなんぼのもの

    子は訓練してなんぼのもの 優れた教材を与えることでもない。 横並び授業を受けさせることでもない。 通信教材をやることでもない。 家庭教師を雇うことでもない。 子どもというのは、指導者がいて、訓練してなんぼのものである。  […]

    詳細を見る

  • 2020.06.30

    空腹感のない子たちが落ちただけ/

    ◎空腹感のない子は受からない 落ちた子たちのことをよく考える。 わたしが感じた彼ら彼女らには不思議と同じ臭いがした。 なぜか余裕があるのだ。言い方を変えれば、緊張感がない。全く感じられない。やたらよく喋る。ニコニコしてい […]

    詳細を見る

ページトップへ