会員限定 新草枕

都立中高一貫校/都立高校トップ校 受験専門 渋谷で創立30年

新草枕

  • 2022.04.30

    表にする整理の功罪~表とは抽象化の一つの形

      ◎表にする整理の功罪~表とは抽象化の一つの形 最近は、参考書も、完全整理を売りにするものが、さながら人気を呼んでいる。書店には色彩豊かな、誠によく整理された、至れり尽くせりの参考書が並んでいる。これを買って […]

    詳細を見る

  • 2022.04.28

    中学入試化する適性問題

      ◎黒塗りの頭 語彙が足りない人の目には、国語の文章は、まるで黒塗りだらけの文章に見えることでしょう。 わからない、理解できないというのは、頭の中に黒塗りの部分がたくさんあるということである。 数学ができない […]

    詳細を見る

  • 2022.04.27

    「国語問題の読み方、解き方」第2回講義

    「国語問題の読み方、解き方」第2回講義   文章は、「文法的に読む」   文法的にとは、本文で強調されている部分に重点をおいて読む、という意味です。強調されている部分には必ず筆者流の「目印」があります。筆者は、読者に「ど […]

    詳細を見る

  • 2022.04.25

    抽象こそ思考の極み 国語の読み方と解き方講座スタート

       抽象こそ思考の極み  抽象化というのは、比べるという思考が忍び込んでいる。比較を効果的に成功させるには、その前提として、抽象化しておかなければならないからだ。 抽象化とは、具体的な比較対象から、共通項を括 […]

    詳細を見る

  • 2022.04.23

    5月の連休の過ごし方について

      5月の連休の過ごし方について     連休は、受験生にとっては、いちばん勉強にできるチャンスかもしれない。かつて小6の話しであるが、5月の連休にキャンプに出かけた家族がいましたが、試験は失敗しました。お盆に […]

    詳細を見る

  • 2022.04.22

    抽象化能力を高めるのが、竹の会の指導の本来の目的

        ◎抽象化能力を高めることこそ塾の使命  表面が違って見えるものの、中身の共通性を見出す行為 これを抽象化という。 抽象化能力を高めるのが、竹の会の指導の本来の目的であ。 子どもの能力を高めると […]

    詳細を見る

  • 2022.04.20

    筑駒・開成高校合格者の小6の時にくれた手紙

     阿部先生へ  今までお世話になりました。机に何か書いてしまったり、大きな足音を立ててしまったりと、迷惑をかけてしまいました。しかし、それでも熱心に指導して下さり、下手で読みにくい作文を丁寧に添削して下さったことには、感 […]

    詳細を見る

  • 2022.04.19

    消去法の本質

       釘を刺す! 算数やレジュメを親などに訊いてやったら落ちます。説明聞いてばかりの勉強だと落ちます。よく親に「ヒントをもらっただけ」と言う人がいましたが、考える、解くとは、正解を求めることではなくて、解決の糸 […]

    詳細を見る

  • 2022.04.18

    「いらない」という方法

      ◎「いらない」という方法 受験勉強には、語り継がれて来た、定番の問題がある。 完璧主義の問題性 網羅的という害悪 これは知識が網羅されているということから安心ということなのだが、網羅というのは、無駄を内包し […]

    詳細を見る

  • 2022.04.16

    常に試験に優位に立ち、鳥瞰できているか

     ようやく「草枕」の執筆に入れることとなりました。竹の会の読者のみなさまには大層なご不便をおかけしました。  近年の傾向として、竹の会に批判的な人たちがなぜか執拗に「草枕」を読んでいる、という理解不能の状況が続いていまし […]

    詳細を見る

ページトップへ