会員限定 新草枕

中学受験 高校受験 受験相談 渋谷で創立30年

新草枕

  • 2022.12.29

    12月18日 母の命日に寄せて

    竹の会のみなさま 2022年もあと2日を遺すのみとなりました。みなさま本年は熱心に竹の会に通ってくださり、ありがとうございました。 受検まであと1月を遺すのみですが、ギリギリまでどうか全力で駆け抜けてください。 12月1 […]

    詳細を見る

  • 2022.12.10

    合格を呼びこむ「気」の研究

      合格を呼びこむ「気」の研究 やる「気」を失くす精神の脆さは、義務感から勉強してきた子に顕著かと思われる。義務感からでもとにかく低学年から勉強してくれば、周りの勉強をしない連中よりはできる。高い位置にいること […]

    詳細を見る

  • 2022.12.03

    外堀を埋める攻め方の迂遠さ

      外堀を埋める攻め方の迂遠さ 難関試験を受けるとき、勉強方法としては、2つあると思う。 ①外堀から埋めていき、本丸に至る方法 ②本丸から攻める方法 ①は、オーソドックスな攻め方といえる。まず体系的な知識を勉強 […]

    詳細を見る

  • 2022.12.02

    処方指導のこと

      処方指導のこと 正答率の低い子に、レジュメをやらせても、頭が荒れるだけである。 元々正答率の極端に低い子は、合格可能性が限りなくないと言っていい。 私のレジュメはある意味検査指導です。その合否は、本番の合否 […]

    詳細を見る

  • 2022.11.29

    レジュメによる会話

        レジュメによる会話 レジュメによる会話ができない人への提言 レジュメによる会話とは? 私のレジュメは「どうだ、解けるか」、「騙されないで切り抜けられるか」という問いかけだ。これに対して騙されず […]

    詳細を見る

  • 2022.11.26

    処方箋シリーズ

      ◎小6  処方箋シリーズについて 3回続けて「合格ハンコ」が取れない場合、このレジュメの使用を中止します。 これは能力的に無理と判断したからです。 このシリーズが使えない場合、桜修館などの合格は厳しいと思い […]

    詳細を見る

  • 2022.11.22

    言語論的転回とは

      矢印「→」という方法 知識の整理に「→」が効果的ということを知ったのは、いろいろな参考書を何気なく読んでいるときに、それとなく→で示された図であった。かつて読んだ民事訴訟法、民事執行法の体系書は、わかりにく […]

    詳細を見る

  • 2022.11.18

    指導再開

    みなさまご迷惑をおかけしています。 11月21日(月)から指導を再開いたします。 現在確定している日程変更について 〇11月23日(水)Aは、10時~17時で実施予定です。  注 予定表は12時~16時でした。 〇11月 […]

    詳細を見る

  • 2022.11.16

    ご心配をおかけして…

    ◎いつもこれが最後になるのかな、と思って精一杯やってきた‼️ 新型コロナが流行り出して余程注意してきた。もし感染したら、どれだけ迷惑をかけることになるか、そう思うと身が打ち震えた。わたしの年齢なら命が消えるのかな、と思っ […]

    詳細を見る

  • 2022.11.10

    竹の会の軌跡と奇跡

      竹の会の軌跡と奇跡 竹の会を始めたのは、昭和60年(1985年)10月のことでした。渋谷区の初台坂下の近くでした。近くには代々木中学がありました。今年(令和4年)の10月には、38年目に入りました。令和6年 […]

    詳細を見る

  • 2022.11.08

    才能のない者の勉強法

      才能のない者の勉強法 解答をよんでから問題を読む。逆転の発想のススメ‼️ これまでのアンシャンレジーム(古い体制)からの転回 教科書を、テキストを読んでから、問題を解く、という古典的勉強スタイルでは、能力の […]

    詳細を見る

  • 2022.11.01

    試験と集中

    竹の会通信2022.11.01 冬期指導 11月早期締め切り予定です!!  ご注意   申込みは、お早めにすることをお薦めいたします。  外部の体験申込みを受け入れるため、早期にテキスト等の教材を引き渡すため。 試験と集 […]

    詳細を見る

  • 2022.10.29

    開成への英語、慶応女子への英語

      開成への英語、慶応女子への英語 1 文法 2 英文解釈 3 長文解釈 4 英作文 1 文法 英文法の到達点は、いわゆる「英語5文型」の有機的理解である。一文の骨格を、すなわち構造を、正確に把握すること、これ […]

    詳細を見る

  • 2022.10.25

    石原千秋著「中学入試国語のルール」のこと

    竹の会通信2022.10.25 ◎11月分月謝のお支払いのお願い  Aは30日まで、Bは31日までですが、月謝は月末払いということではなく、前月中のお支払いをお願いしております。よろしくお願いします。 ◎冬期集中指導のお […]

    詳細を見る

  • 2022.10.20

    画期的な国語読解力養成指導の発見

        画期的な国語読解力養成指導の発見への序章  最近、書架に所蔵の、特に新書を取り出して、改めて読み返すことが多い。指導開始前の空き時間に読むのが習慣になってきた。指導のある日、たいてい早めに着い […]

    詳細を見る

  • 2022.10.15

    「わかった」と「わかったつもり」

        「わかった」と「わかったつもり」 本を読んでいて、意味がわからない、それで何度も読み返して、ようやく「わかった」と思う。その時の「わかった」は、それから時間が経って、読み返したとき、「あっ」と […]

    詳細を見る

  • 2022.10.11

    図解記憶法

      図解記憶法 複雑な情報を単純化する。 言葉と言葉の関係を矢印で結ぶ。 試験問題に出るような知識は、極限まで精緻化すれば言葉と言葉の関係に還元できる。 関係とは、因果、対比、並列、抽象と具体の4パターンしかな […]

    詳細を見る

  • 2022.10.08

    竹の会の指導哲学

      ◎竹の会の指導哲学からみた成功の鉄則 成功の鉄則1法則性を見つけることに徹する‼️ これから述べることは、勉強の常道なのではないかと、発見的に思料するものである。 法則とは、規則性である。知識、特に体系的知 […]

    詳細を見る

  • 2022.10.04

    国語読解のための新指導

        国語読解のための新指導 読解と言っても単純ではない。  少なくとも平成30年頃までの子たちは、算数が伸びれば自ずと適性問題が解けるようになった、と思う。ところが、令和3年、4年の子たちに明らか […]

    詳細を見る

  • 2022.10.01

    教科書が読めない子たちの氾濫

        教科書が読めない子たちの氾濫   「日本の中高生の多くは、詰め込み教育の成果で英語の単語や世界史の年表、数学の計算などの表層的な知識は豊富かもしれませんが、中学校の歴史や理科の教科書程度の文章 […]

    詳細を見る

ページトップへ